プロフィール

*koko head*

Author:*koko head*
アメリカを中心に海外生活を12年。
ハワイ生活は2014年4月にスタートしたばかりの新参者です。
オアフ島ハワイカイのココヘッドという山が見える部屋に暮らしています。
海とフラと軽い運動(ゴルフやヨガ、ハイキングなど)をこよなく愛する一方、家に引きこもってネイルや裁縫、料理に没頭することも好き。
お酒も食べ歩きも好きです。
勉強や仕事も結構好きだったり。

貪欲かつ謙虚に生きることを目指してます。

軌跡:静岡県(18年)→サンフランシスコ(7年)→ニューヨーク(2年)→上海(3年)→東京都(2年)→ハワイ(現在)

家族:通称ボス=旦那さん。
ちょくちょくブログにも登場します。お料理上手の力持ち♪

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バス移動

車が無い(免許も無い)ハワイ生活を送っているので、生活の足として路線バスと自転車を駆使しています

体力不足で自転車は長距離乗れないので、ハワイカイを越える移動はバス。

と言っても、車社会なので、バスの頻度が少なくて、一本逃すと1時間以上待たないといけない、なんてことも稀にあります

時刻表があるのですが、時刻表の5分前に来たかと思うと、10分近く遅れたりするので、かなり心してバスに乗らなくてはなりません。(忍耐力は鍛えられるかも…?)

ちなみに今も、バスを逃して待ち時間にブログ書き。。
バス停に着いたのは、時刻表の時間より2分早かったんだけど、今回は早く行ってしまったようで、10分待っても来なかったので諦めました。

………

少しハワイの路線バスの紹介をすると、料金は一律2.5ドルで、前払いです。

お釣りが出ないので、ちょうど2.5ドルを持っていないとならず、一度バスがすぐ来るけど、小銭がないため近くのお店に両替に行ったら、バス逃しちゃった…ということも。

ちなみに、私は何を勘違いしたかハワイに引っ越して最初の一週間は、1.5ドルでバスに載っていました。。

ニ週目にバスに乗ったときに、「大人だよね?2.5ドルだよ!」と運転手さんに言われて、間違いに気付きました。。。
17歳以下は1.25ドルなので、一週目は子どもだと思われた訳ではなく、ただ運転手さんが注意して見てなかったのだと思います。
それにしても、1度ならまだしも、一週目は4,5回バスに乗ったのに、ハワイの運転手さんは呑気なものです。

もしハワイ旅行中に、手持ちの小銭が1.5ドルしかなく、バスがもう来ちゃう、という場合は、皆様もダメ元で知らぬ顔して乗ってみたら、案外いけるかもしれません(笑)


話を戻して…料金は2.5ドルですが、トランスファー(乗換)チケットがもらえ、2時間以内に他のバスに無料乗換が可能です。

これも、本来は1度の無料乗換が可能、となっていますが、実質没収されることが稀なので、何度でも使えます。
2時間を越えても、運転手さんがちゃんと確認していないので、同日の近い時間だったら使えてしまいました


バスに乗ったら、後は降りるところをチェックして、降りる手前になったら、バス内部に一周しているコードをひっぱります。
日本のバスの押しボタンみたいなものは、コードが届かない場所にしかないので、ほとんどコードを引いて降車を知らせることになります。



写真だと分かりにくいので、コードのところに矢印を付けてみました。

停留所は車内アナウンスで流れているけど、"Green, Washington"のように通り名を言われるので、(この場合は、Green通りとWashington通りの交差点、という意味)私はまだ通りの名前があまり分からず、ひたすら携帯のGoogleマップのアプリを使って、自分の位置を確認しています。

スマホのお陰で、新しい土地に住むのは以前よりもずっと簡単になったことと思います ありがたや~!


そして、目的地で降りる。
降りるだけ、なんだけど、これが結構難易度が高く、戸惑うことがあります。

乗るのは前のドアから、降りるのは後ろのドアから、というルールがあるのですが、降車コードを引っ張って降りるリクエストをして、バスも止まってくれたのに、後ろのドアが開かない、ということがあります。

ドアに付いてる縦のバーを押したり、特定の場所を触ると開くようになってたりするのですが、たまーにこのセンサーが不調なのか、自力では開かないことがあるのです。

そんな時は、黙っているとバスが走り出してしまうので、「Back door!(後ろのドア開けて!」と叫ばなくてはいけません。
これ…結構大きい声で叫んでいるつもりでも、気付いてもらえないことがあり、何度も叫ばなくてはならなくなります。

そして2,3回叫んでも開けてもらえないと、見かねた他の乗客が一緒に叫んでくれて、バスが「Back door!」の合唱みたいになります。
自分の身に起こるとかなり焦るのですが、他の人に起こっていると、ちょっと微笑ましい光景です

そんなハワイのバス事情でした。

ブログ書いている間にとっくにバスは来て、乗ってから続きを書いたので、少し酔ってしまいました~

<< マノア滝のトレイル | HOME | パン作り >>


Comments

なんだか、可愛いハワイの?! 瑞恵の?!バス事情を教えてもらってホッコリ(*^_^*)

なかなか大変な移動をしてらっしゃるのね(笑)

またまた、そんな面白いホッコリネタ楽しみにしてるね♪

Re: タイトルなし

ゆみこ~
ほっこりしてもらえて嬉しいわ(^-^)
浜松もそうだけど、車社会の中で車の無い生活って、時間も余分にかかるしなかなか不便よね~。。
はやく車と免許欲しい~!!!

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME