プロフィール

*koko head*

Author:*koko head*
アメリカを中心に海外生活を12年。
ハワイ生活は2014年4月にスタートしたばかりの新参者です。
オアフ島ハワイカイのココヘッドという山が見える部屋に暮らしています。
海とフラと軽い運動(ゴルフやヨガ、ハイキングなど)をこよなく愛する一方、家に引きこもってネイルや裁縫、料理に没頭することも好き。
お酒も食べ歩きも好きです。
勉強や仕事も結構好きだったり。

貪欲かつ謙虚に生きることを目指してます。

軌跡:静岡県(18年)→サンフランシスコ(7年)→ニューヨーク(2年)→上海(3年)→東京都(2年)→ハワイ(現在)

家族:通称ボス=旦那さん。
ちょくちょくブログにも登場します。お料理上手の力持ち♪

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

卵子の行方 1

昨日採卵してもらった6個の卵子達。


翌日の今日、受精したかどうかの連絡が来ると聞いていたので、朝から気が気ではありませんでした。

術後から続いているお腹の鈍い痛みがあるので、あまり動けず、横になりながら元気がもらえる本などを読んでいました


そしてお昼頃、クリニックから電話が。


体外受精コーディネーターの日本人の方からでした。

まず、昨日採卵した6個のうち、3つは成熟した卵子だったのだけど、残りの3つは成熟手前の卵子だったという報告を受けました。

成熟していた卵子の方は昨日のうちに顕微受精をして、今日の時点で受精が確認出来ました、とのこと。

成熟手前の3つは、昨日は受精させずに一晩寝かせて成熟するか様子を見たようで、今日成熟したことが確認出来たので、顕微受精をしました、と。

なので、残りの3つは明日以降にならないと受精の確認が出来ないそうです。



この2週間のアップダウンを経て、
そして妊活実体験マンガも読んで、
現時点で結果を聞いて喜んだり落ち込んだりするのは、あまり意味がないのかなぁと薄々気付いてきましたが(笑)
無事に受精卵が出来たことと、これから受精卵になる可能性がある卵子の存在も知って、少しほっとしました。


実体験のマンガ『ベビ待ちバイブル』は、不妊治療が思ったように進まなくて悩んでいた私には、出会えて良かった本でした。

子宮ガンを経て、体外受精11回目にして赤ちゃんを授かったという話は、大分ディープだし、これから治療を始めようという人には少し重いかもしれないけど、笑いあり涙ありで、元気をもらえました

そして、受精卵を子宮に戻すことが出来ても、イコール妊娠ではない、ということも再認識できたので、色んなことを期待しすぎないで過ごせそうです🍀

<< 顕微受精 | HOME | IVF (体外受精) 採卵日 (Day15) >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME