プロフィール

*koko head*

Author:*koko head*
アメリカを中心に海外生活を12年。
ハワイ生活は2014年4月にスタートしたばかりの新参者です。
オアフ島ハワイカイのココヘッドという山が見える部屋に暮らしています。
海とフラと軽い運動(ゴルフやヨガ、ハイキングなど)をこよなく愛する一方、家に引きこもってネイルや裁縫、料理に没頭することも好き。
お酒も食べ歩きも好きです。
勉強や仕事も結構好きだったり。

貪欲かつ謙虚に生きることを目指してます。

軌跡:静岡県(18年)→サンフランシスコ(7年)→ニューヨーク(2年)→上海(3年)→東京都(2年)→ハワイ(現在)

家族:通称ボス=旦那さん。
ちょくちょくブログにも登場します。お料理上手の力持ち♪

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

いとこ叔父叔母たち来ハ 1日目

2月10日から13日まで、日本からいとこ家族と叔父叔母たち、総勢8人が遊びに来てくれました~😆


滞在日数が短いので、とにかく予定を詰め込んでしまいました!

それにしても、みんな時差ぼけを感じさせないパワフルっぷりで、誰も体調を崩さずに過ごせて良かった~✨


1日目は、お昼前にホノルル空港に迎えに行って、ワイキキをドライブしながらカハラホテルに向かいました🚙


途中、ココパフ(シュークリーム)で有名なリリハベーカリーにも立ち寄りました。

リリハベーカリー1号店には行ったことあるけど、カカアコに新しく出来たお店は私も初めてです。





ランチ前ですが、一番人気のココアパフと抹茶パフを買って、みんなどちらか一つを堪能❤️

ワイキキをドライブして、ダイヤモンドヘッドの向かいの崖で写真タイムを取って、カハラホテルへ到着!

プルメリアビーチハウスという、お気に入りのレストランでランチしました。

レストランも美味しいのですが、さらにお目当ては、ホテル内で飼っているイルカやエイ、海がめたち❤️









ビーチも綺麗です~💕




そのあとはカハラモールでホールフーズスーパーマーケットや、ディスカウントショップのロス、アロハシャツのレインスプーナーやセレクトショップなどでお買い物して、うちに到着です!

夜はうちの庭でバーベキュー!



うちのウッドデッキの上で初めてのバーベキューです😆

いつもながらボスがバーベキューの料理長を務めてくれました💕




バーベキューが終わったあとも、家の中でおしゃべりしながら飲み続けて、色んな深~い話もできたりして、濃い1日が終わりました🌙



2日目に続く…✨







猫おもちゃ

いとこからお土産にもらった猫のおもちゃ💕



早速遊んでみると、、、

ココが食いついた❗️






でもココは奪って持って行ってしまうので、あまり一緒に遊べず。。

一人遊びが大好きな本人はとても気に入ったようです😊



ピースはというと、キティーちゃんが怖いみたい。。😅


その代わり、同じくいことから頂いたクッキーの詰め合わせバスケットに入っていたクマの人形に釘付けになってしまいました💘


しょうがないのでピースにあげました😅




ご満悦❤️



やっぱりゴムが好き❤️



大フィーバーでした😆










卵子の行方 4

先日、染色体検査に一つだけ送ったという受精卵ちゃん。

ずい分アップデートが遅くなりましたが、結果は「異常あり」とのことで撃沈しました。。。😢


普段は、コーディネーターの人が連絡をくれるところ、初めてドクターから電話が掛かって来たので、その時点で悪い報告なんだろうなぁと予想できました。。苦笑


ドクター曰く、検査結果に異常がみられたから、この受精卵を戻しても、着床できないか、できたとしても流産になるだろう、とのこと。


健康な夫婦でも50%くらいの確率で異常がみられる、ということだったので、この結果自体には驚きませんでしたが、やっぱりショックでした。

意外と冷静に色々質問したりできたのですが、最後ドクターに I'm really sorry. と言われたとき、思わず涙が出てしまい、涙声でお礼を言って電話を切ることになってしまいました。。。

トホホ。。


でもそんなに落ち込むことなく、自分でもびっくりするくらい元気にその後数日を過ごしていたので、結果をすぐに受け止められたんだなぁと思ってました。


しかし、、、その後数日経ってから、2日間くらいはとにかく朝が起きられなく無気力状態になりました。


そこで、自分がかなり落ち込んでることに気づきました。


ボスには、なんでこんなに落ち込んでいるんだろう、という相談をし、不妊治療の過程での期待と撃沈の繰り返しで、自分が元々考えていた以上に頑固に、子どもを産みたいという気持ちが出てきてしまっていることを自覚しました。


その他、治療を受けていれば何とかなるんじゃないかという、治療のループに巻き込まれているような嫌な感覚。

12月には帰国もあったので、体調のことを考えれば帰ってきてすぐに体外受精を始めるよりも、少し時間をおいた方が良かっただろうなと、今なら思いますが、とにかく1ヶ月でも早く始めたかった焦り。

色んなことを2人で話したり、1人で考えたりして、2度目の体外受精のタイミングは、すぐではなく、しばらく治療を休むことにしました。


どちらにしても、一つの健康保険では一回の体外受精しかカバーされず、保険なしの実費では高すぎるので、次の保険のことも考えなくてはいけません。


こっちは、民間の健康保険に加入するので、保険会社を変更したり、追加加入したりすることができるのです。


保険のことをまず落ち着かせて、気持ちも落ち着かせてから、2回目に挑もうと思います😌


卵子の行方 3

先日、6個採卵出来た卵子が無事に6個受精卵となったというご報告が出来ましたが、今回はそのアップデートです。


受精してから1週間程経つと細胞分裂が進んで胚盤胞と呼ばれる受精卵に成長するらしいのですが、私の通ってるクリニックでは子宮に戻すのは基本ここまで育ったもの。


さらに今回、胚盤胞まで育った受精卵の細胞の一部をアメリカ本土のラボに送り、染色体検査を受けることにしていたため、胚盤胞まで育ったものは一旦凍結させて、染色体検査の結果を待った上で戻すので、順調にいっても早くても3月に入ってからになる、と言われていました。

染色体検査では、染色体の本数や形の異常が分かるので、この検査をクリア出来たものは流産のリスクが減り、出産までの成功率がぐっと上がるそうです。

反対に、染色体検査で何か異常があったものは、妊娠しなかったり、妊娠しても流産したりと、ほぼ出産できない受精卵だという説明を受けました。
ほぼ、というのは、ダウン症などでも染色体異常が少ない場合は、生まれてこれる場合があり、検査を受けることで、生まれる可能性がある程度の障害をもった受精卵を排除してしまう、ということもあり得るからです。

更に性別も分かってしまう検査なので、日本では一般的な体外受精では受けられず、夫婦に染色体異常がある場合や、流産を繰り返している場合などにのみ使われているようなのですが、アメリカではその規制が無く、誰でも追加料金を払えば受けられます。

健康的な夫婦の受精卵の場合でも、50%は染色体異常がみられる、というデータもあるようで、私のクリニックでは、染色体検査を受けることを推奨していました。


私は、障害を持って生まれた子どもは、親に何か大切なことを教えてくれるために生まれてくるのだと思っているので、この検査自体に迷いがありました。


ただ精神的にも肉体的にも苦痛を受けるであろう流産のリスクが少しでも減らせるのならという思いもあり、ボスと何度も相談した結果、胚盤胞まで育った受精卵があった場合は、染色体検査を受けるという申込書を採卵手術の時に出していました。


この申込書、性別が○○だったら破棄してください、という選択肢もあり衝撃的でした。
○○の欄は、自分で選べるようになっているのです。
「子どもの性別をどうしても選びたいと海外から来る方もいるので…」とクリニック側のフォローもありましたが💦


さて、私たちの6個の受精卵のうち、何個育っているのか、ドキドキでした。

夢の中で3つだった、という報告を受けたので、3つかなぁと思っていたのですが、なんと結果は、、、、



、、、1つ、、でした。


頭を打たれたようなショックでした。



一般的には、3割から5割の受精卵が胚盤胞になる、という情報を読んでいたので、まぁ2つはいけるかな、と思っていたのですが。。。。


今のところ、一般的なデータを若干下回る感じで進んでいる私のIVF。。。


今回の採卵で戻せるかどうか、可能性は50/50になってしまいましたー😢


結果は1週間程度で届くそう。


聞きたいような、聞きたくないような、、、、


| HOME |


 HOME